スキンケアを見なおそうかな

素顔に年齢を感じるときって、ありますよね。

私もいまがちょうどそんな感じです。

笑ったときに目もとに集中するようなシワが多いのが、悩みの種なんです。

「皺は年輪」の年齢にはほど遠いのに・・・

スキンケアだって、忙しくても時間をとるようにしていて、季節によっても変えたりしています。

乾燥肌なので、目の周りはしつこいくらいクリームを塗って、潤いを長時間キープできる保湿を心がけています。

でも、こんなにもお肌の状態が良くないと、スキンケアを見なおそうかなと思っています。

季節の移り変わりや年の重ね具合によって、肌の具合が変化しやすいというのも、敏感肌の辛いところですね。

そのため、その時の肌のコンディションに合わせて、丁寧なスキンケアを心がけるようにしています。

敏感な肌の方は、ひとつの化粧品を決定するにしても当惑しますよね。

特に素肌に塗布することの多いクレンジングなら、なおのことだと思います。

そこで、鋭敏な素肌に勧めたいのが、メイク落とし用の乳液です。

これだと皮膚への刺激があまりないし、商品数が膨大なので、肌もパンパンになりにくいです。

それに、肌の潤いや保湿も保持したままでいられます。

しかし、保湿しすぎるのもいいことではありません。

シミ・シワ・そばかすなど、アンチエイジングの敵として紫外線と乾燥は特に大きく作用していると思います。

うるおいが不足してくると、まずリフティング機能が低下して、たるみやしわとなって表れてきます。

目の周囲というのは、水分蒸散の防御となる皮脂の分泌が、顔の他の部位にくらべて極端に低いのです。

そのため、乾燥によってシワのもとになるくすみが出やすく、シワが出現しやすい場所になってしまいます。

私の場合は、肌の弾力維持には、BACK10サプリの効果で、シワやたるみを予防しています。

肌年齢をキープするためにも、適切なケアをしていきたいものですね。